クレジットカード現金化利用後の返済について

クレジットカード現金化利用後の返済について

現在のところある程度まとまった現金を手にするためにはクレジットカード現金化と言う手法がとられていますね。

このクレジットカード現金化は確かに便利で早く現金を手にすることができます。

ところで、クレジットカード現金化ではクレジットカードのショッピング枠で商品を購入してその商品を現金にするのですが、商品の購入代金はクレジットカード会社への返済が必要になります。

ではクレジットカード現金化利用後の返済について解説していきます。

当然ながらカード会社へ利用金額の返済があります

当然ながらカード会社へ利用金額の返済があります
ここのところが注意を要する点です。

いずれにしても借金をして商品を購入していることになりますから、返済の時にはその分の利息も合わせて返済しなければなりません。

確かにクレジットカードの利息でショッピングの利息はキャッシングよりは低いのですが、それでも利息がつくことに変わりはないのです。

そこで、クレジットカード現金化でのクレジットカード会社への返済利息を考慮に入れなければなりませんが、一番安くつくのは一括返済です。

これなら利息は場合によってはつきませんし、例え利息分がついても小額で済みます。

もし、一括返済ができない時には分割払いやリボ払いになりますが、この際の利息をきちんと計算しておくことが大切になるのです。

クレジットカード現金化を利用して当座必要になる現金は手に入りますが、その時の金額に課せられる返済利息のことをくれぐれも忘れないようにしなければなりません。

ここで利息分を合わせた返済ができないとなるとクレジットカードをクレジットカード会社に取られてしまうでしょう。

そうなると困るのはユーザーなのです。

お金を借りたら返すという大前提にプラスしてお金を借りると必ず利息が付くと言うことを常に考慮するようにしましょう。

ただし、悪質なクレジットカード現金化サイトが無いとは保証できませんから、その点には十分に注意しましょう。

そもそもクレジットカードを持てるという事はあなたが信用されたあかしです

そもそもクレジットカードを持てるという事はあなたが信用されたあかしです
クレジットカードは、社会的・経済的な信用によって発行されるものです。

個人カードには限度額が低い一般カードと、高額ショッピングが可能なゴールドカード等に分かれます。

また、このほかにコーポレートカードやビジネスカードなどもあります。

クレジットカードは申請によって発行されますが、以前にカード会社経由で家賃支払いの遅延や借入返済遅延などの事故扱いになっていると、審査を通ることができない場合もあります。

一般的にはクレジットカードを持っているだけで会費がかかり、使用すると返済日まで借金することになりますので利息を支払うことになります。

また利用した業者は固定利用料と使用率に合わせた利用額を支払うことになります。

つまりカード会社はカード保持者とクレジットカード現金化する業者から、それぞれに使用料を受け取ることになります。

ただし貸金業者ではないので現金化するときには、一度は商品を購入して買い取り業者に売ることで成立します。

キャッシュバックは店舗において現金で受け取る方法と、インターネットで決済できる方法によって現金を受け取ることができます。

キャッシュバックを受けとったカード利用者は、カード会社に払う利息とキャッシュバック業者がカード会社に支払う手数料を含んだマージンを支払うことになります。

書いた人

【このページを書いた人】五十嵐航大
私はサッカーが大好きで高校の頃から社会人になった今になるまでずっと楽しんでいます。
私にとってはストレス発散になっているだけでなく、勝敗によって学べることが多く、今の仕事にも生かせていると思っています。
このサイトでは今の仕事で学んだ金融関連の話題を取り上げています。
小切手の現金化に必要なものや、小切手の使い方などを紹介していますので参考にしてください。
サッカーを活かして学んできたことも含めてメッセージを伝えらたらと思っています。